最近の記事

2007年09月28日

コーチングのプロが使っている質問力ノート |ルパート・イールズ=ホワイト

コーチングのプロが使っている質問力ノートコーチングのプロが使っている質問力ノート
ルパート・イールズ=ホワイト
ディスカヴァー・トゥエンティワン 刊
発売日 2004-02-14



実務的! 2006-05-08
質問をする力がつくと紹介されて読む。

・オープンクエスチョン:新しい発見、自由に考えさせる。

・クローズクエスチョン:事実をはっきりさせる。答えをすぐ出してもらいとき。

のちがいを明確にして使うなど、実践的。

「どういうこと?」

「きみはどう思っている?」

「どのようなことなのでしょう?」

といった、わたしが普段つかないことばがあるので役立つ。

回答を言う。相手に指示する。のだけでなく、相手が気づく質問がたくさんのっている。



また、会話の最後はクローズクエスチョンで行動を促進するなどのテクニックがよい。



よい質問の3つの態度

・焦点をしぼる

・時間をとる

・相手を尊重する。



なぜ、相手の話しを聞けないののかの6つのぽいんと

・話しているほうがエライをおもっている。

・相手より自分のほうがエライとおもっている。

・相手より自分のほうが知識があるとおもっている。

・集中力に限界がある

・自分の考えに固執している。

・相手の話が上手でない。

である。まあそりゃそうだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:コーチング
posted by 札幌コーチング at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。